メイクの仕事はいろいろな分野があり、共通していえることは目的に合ったイメージに仕上げるということです。

映画・ドラマ・CM・ファッションショーなどの場合、単純に美しくメイクするのではなくモデルの個性を引き出したり、役柄にあった特殊メイクをしたり、時にはカメラマンの要望通りに仕上げる技術も必要になります。これらの技術は大阪において学校で学べますが、現場での自分の努力も必要です。

仕事は華やかな世界ばかりでなく、美容院・エステティックサロン・ブライダル会社・写真スタジオなどのニーズが非常に高まっています。一流のメイクアップアーティストを目標とするならば学校に通い、スタイリスト・ネイリストなども学べれば有利になります。

自分がすすみたい方向の技術を選ぶことが大切です。化粧をすると気が高ぶって楽しい気分になったり、自分に自信を持てたりします。高齢になると病気がちになったり、外出の目的がなくなったり、人と会う機会が少なくなるため化粧をやめてしまう方が増えてきます。

気持ちが沈んでしまうと年齢以上に老けて見えたり、健康にも影響します。大阪でも介護施設や老人ホームなどの施設で口紅を少しつけるだけで表情が明るくなったという報告が多くあります。

メイクは表面の美しさを求めるものだけでなく、心の中も明るくし、人の表情を変えていきます。学校で基本的な技術だけではなく心のケアも教わります。大阪もこれから高齢化の社会、ますます必要な仕事となってきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *