燃費が良い体というのは、飢餓の心配がある時代には有利でした。

しかし、今は飽食の時代です。燃費が良い体というのは、少ないエネルギーで長く動けるということです。つまり、痩せにくい体です。ダイエットしたい人にとって、燃費の良い体というのはデメリットになります。

燃費が悪い体を作ることが、ダイエットには必要なのです。燃費が悪いということは、非効率な体だということです。非効率な体を効率よく手に入れるには、痩身エステがおすすめです。痩身エステでは、リバウンドの心配がないように、新陳代謝を高めながら痩せやすい体を作ってくれます。新陳代謝をアップさせるには、EMSという寝ながら筋肉を鍛えるエステマシンを使います。

電気刺激を与えて筋肉を動かすことにより、文字通り寝ながら筋トレが出来ます。これだけでは効果が薄いので、体を温めたり、エステティシャンによるハンドマッサージで全身の血流を改善していきます。血行が良くなると水分代謝が良くなり、むくみにくい体になります。

むくみはダイエットの天敵です。特に女性は男性に比べて筋肉の量が少なく、下半身がむくみやすいです。それに対して血行改善効果のあるマッサージは有効です。エステ通いが終わった後のリバウンドの心配ですが、よほど極端な食生活をしなければ大丈夫です。

燃費の悪い体になっていますから、消費が多くなっているからです。ただし、食べ過ぎは禁物です。いろいろ体験してみて、自分に合う痩身方法を見つけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *