美容室の求人を探すときには、いくつかのポイントがあります。

まず必ず確認したいのが社会保険です。社会保険は、けがや病気で働けないときも医療費や休業補償を受けられたり、年金の受給額が国民年金よりも多いです。もしもの時のために、社会保険は必須です。次に、美容師の勤務時間や帰宅時間は練習する時間にも影響します。開店前や閉店後に何時間練習が出来るかは、大変重要で求人情報だけではわかりません。

勤務時間を最優先にしているときは、面接で練習時間を聞いてその上で決めた方がよいです。そして、給与額や賞与も大切なことです。基本給だけでなく、歩合給や手当なども確認して、実際にもらえる金額を先に計算しておくとよいです。入社したときはアシスタントでも、将来はスタイリストになって稼げる金額も考えておくと計画を立てやすいです。美容室は月給に違いがなくても、賞与によって年収も差が出てきます。

また、休日の日数も給与と同じぐらい重要です。休日が少なくても稼ぎたいときや、連休があるなど休日に希望があるときは、申込み前に必ず確認します。人気がある美容室だと完全に週休2日制のところが多いです。定休日は、サロンの講習や撮影があったりしますが、定休日以外にも休みがあれば他の趣味も楽しめます。

子育て中の場合、託児所があるかも大切ですし、免許がない場合は通信生でも受け入れてくれる条件になっているサロンでないと難しいです。勉強しながらや扶養内でパートで働きたいときなど、希望する条件があるときは、最初にそれを満たしている求人先を探していくとよいです。
大阪の美容学校のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *